◆日本リネンサプライ協会について

当協会は全国のリネンサプライ業を営む企業155社によって構成されており、「リネンサプライに関する技術の向上並びに知識の普及啓発を図るとともに、リネンサプライ業の健全な育成に努め、もって公衆衛生の向上に寄与する」ことを目的として、昭和46年2月25日(1971年)に、厚生大臣の許可を受けて設立し、平成25年4月1日(2013年)に一般社団法人に移行した業界最大の法人です。

ピックアップ

協会が定める基準に適合した施設に対して認定証を交付しています。

会員が保有する全てのリネンサプライ工場を対象として衛生的なサービス提供を担保することを目的として指定洗濯物の検体検査事業を実施しています。

リネンサプライ職種の外国人技能実習生を対象とした、技能実習評価試験の実施者(試験実施機関)として当協会が指定され、技能実習評価試験を実施しています。